下鴨納涼古本まつり

去る11日から16日まで、お盆のうだるような暑さの中、下鴨納涼古本まつりに初日の11日行ってきました。初めてなのでこの暑さの中いったいどんな所でやってるのかと思いましたが会場の世界文化遺産の下鴨神社の清流の流れる糺の森に入ると、さすがに太陽は遮られ日陰でちょっと涼しさを感じました。

ところがそれも束の間、なんと40軒もの古本屋が出店を出していて、またたくさんの人出でその熱気でせっかくの涼感もすっ飛んでしまいました。みんな汗を流しながら真剣に本を探しています。その光景はさすが京都の古本市と思いました。私もさっそく100円~3冊500円を中心に20冊ほど買い求めました。中になんでこんな本が100円コーナーにあるのか?思えるものもありました。

近日中にアップしようと思います。乞ご期待。

京都古書研究会
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: